【1級ネイリストが図解で説明】二枚爪や縦すじの原因はこれ!

【1級ネイリストが図解で説明】二枚爪や縦すじの原因はこれ!

 

▼ツメリッチリペアの公式サイトはこちら▼


 

 

爪に、縦に筋が入ったり、二枚爪になって割れてしまったりするのには、それぞれ原因があります。

 

原因がわからずに放置することで、症状が悪化してしまう場合もありますが、きちんと対処することで徐々に改善が見られます

 

 

 

今回は、爪のお悩み・症状のご相談の多かった症状についてご紹介致します。

 

 

爪甲縦条(そうこうじゅうじょう)

 

 

 

 

まず、爪に 縦にスジが入ってしまうこの症状は、爪甲縦条(そうこうじゅうじょう)といい、

 

医学(一般)用語では ロンギトゥディナルストリエーション と言います。

 

この症状は、主に老化と乾燥が原因で起こり、爪の表面に平行に縦すじが入ってしまい、ボコボコとしてしまうのが特徴です。

 

 

この 爪甲縦条(そうこうじゅうじょう)は、爪の表面を毎日保湿してあげることで徐々に改善していきます。

 

 

 

 

 

爪白斑(そうはくはん)

 

 

 

こちらは、爪白斑(そうはくはん)医学(一般)用語では ルコニキア といい、爪の表面に白い斑点が現れる現象です。

 

これは、誰にでも現れるもので、爪の成長と共に消失するので、特に心配する必要はありません

 

 

 

 

ハングネイル

 

 

 

ささくれ・さかむけ 。医学(一般)用語では ハングネイル と言います。

 

こちらは、おそらく誰もが体験したことがある症状だと思います。

 

爪の周りが乾燥し、ひび割れが起こることで 皮膚がめくれてしまう状態で

 

患部は非常に小さいながらも、触れるだけで痛みを感じる 非常にやっかいな存在です。

 

この症状は、爪の周りを毎日保湿してあげることで、徐々に出来にくくなってきます。

 

 

 

 

 

 

二枚爪

 

 

こちらも、一般的にご相談の多いお悩みで、爪の先端が二枚に分かれて、欠けたり めくれたりしてしまう状態です。

 

こちらは、爪の薄い方に多くみられる現象ですが 薄くても二枚爪にならない方もいらっしゃいます。

 

では、どうして爪が欠けたり めくれたりしてしまうのかというと、

 

こちらも1番初めにご紹介した爪甲縦条(そうこうじゅうじょう)と同じように

 

爪自体が乾燥してしまうことにより、割れやすくなったり、欠けやすくなったりしてしまうのです。

 

ですから、二枚爪の症状も、爪の表面を毎日保湿してあげることで徐々に改善していきます。

 

 

 

 

 

どうして乾燥すると爪に良くないの?

 

では、なぜ乾燥すると爪に縦すじができたり、欠けたり、割れたりしてしまうのか。

 

 

爪というのは、もともと皮膚の表皮層が3層に角質化したもので、水分と脂肪分が含まれており、

 

爪に含まれる水分は12〜16%(健康な成人の場合)あるのですが、

 

季節や環境、年齢によって、その水分量は異なってきます。

 

ここで あなたに想像していただきたいのは、茹でる前の乾燥パスタです。

 

パスタは乾燥しているので、 少しでも力を加えるとパキッと簡単に折れてしまいますよね?

 

しかし、茹で上がると たっぷりと水分を含んでいるので折れずにもちもちのパスタが出来上がります。

 

 

 

 

これと同じように 爪の水分量が失われることによって乾燥し、縦すじ・欠け・割れなどが起こってしまうのです。

 

 

 

逆に、しっかりと保湿をして 水分をたっぷり含ませてあげた爪の状態をキープすることで

 

割れたり、欠けたりしにくい、しなやかで美しい爪を保つことができるのです。

 

 

 

 

二枚爪でお悩みなら【ツメリッチリペア公式サイト】はこちら

 

 

 

 

1級プロネイリストが図解で説明!二枚爪や縦すじの原因はこれだ!

page top