ツメリッチリペアが売れている理由・魅力とは?実はデメリットも

ツメリッチリペアが売れている理由・魅力とは?実はデメリットも


 

▼ツメリッチリペアの公式サイトはこちら▼


 

 

 

では、ツメリッチリペアのどんなところが魅力的なのか

 

毎日仕事でネイルに携わる、ネイリスト目線で徹底調査してみました。

 

 

1.ペン型なので、場所を気にせず ササっと塗れる。

 

通常、ネイルオイルやキューティクルオイルなどは

 

ボトル型になっていることが多いので、ボトルの液を刷毛で取りながら

 

マニキュアを塗るように1本ずつ塗るのですが、

 

ツメリッチリペアはペン型になっているのでいちいちボトルの液につけることなく

 

片手でササっと簡単に塗ることができ、場所を選ばない点が良いです。

 

 

2.爪表面にしっかりと浸透させることができる

 

 

ごく一般的に、ネイルケア用品として販売されているものは

 

ネイルオイル・キューティクルオイルと呼ばれるもので、

 

爪の表面ではなく、爪まわりの皮膚に塗ることで

 

爪を支える皮膚を保湿してあげるオイルになっています。

 

 

こういったオイルは、ささくれを防ぐのに効果的なオイルですが

 

残念ながら、どんなに爪の表面に塗っても、爪に浸透することはありません

 

ですから、キューティクルオイルを使用しても、二枚爪や縦すじを改善することは難しいのです。

 

 

しかし、ツメリッチリペアは もともと爪の表面に塗るために開発された浸透液なので

爪そのものに浸透させて潤いを与えることができ

 

継続して使用することで、 二枚爪や縦すじを緩和することができるのです。

 

 

爪の症状別の原因についてはこちら

 

 1級ネイリストが詳しく説明!二枚爪や縦すじの原因はこれ!

 

 

 

 

3.無料で健康管理士・専任アドバイザーに相談できる

 

 

ツメリッチリペアの販売先である、北の快適工房には

 

専門知識を持っている健康管理士とアドバイザーが常駐しているため

 

不安なことや質問などを24時間いつでも無料で相談できます。

 

質問すればなんでも答えてくれる。とあって

 

ネイルの知識がない方でも、安心して商品を使うことができますよね。

 

これは、正直とても驚きました。

 

こんなに手厚いサポートをしているのは

 

それだけ商品に自信があるからこそ できること。

 

東証一部上場企業だけあって、管理を徹底していますね。さすがです。

 

 

相談は、通話料がかからないWEBからの申請がおすすめです。

 

 

ツメリッチリペア相談窓口はこちら

 

 

 

4.返金保証がついており、商品使用後でも返金OK

 

単品購入かお試し定期コースのみですが、

 

公式サイトからの購入に限り返金保証を使用することができます

 

 

返金保証があると、安心して商品を使用できるのでいいですね。

 

 

解約できない定期コースに誘導するのではなく、

 

しっかりと返金保証つけて、無理に買わせようとしていないところが

 

とても好感をもてます。

 

 

 

 ツメリッチリペアの返金方法はこちら

 

 ツメリッチリペアの定期解約方法はこちら

 

 

 

 

 一方デメリットは・・・

 

塗った後は、乾燥するまで待たなければいけない

 

こちらは、ネイルケアオイル全般に言えることですが

 

効果を最大限に高める為には、成分が乾くまで待つ必要があります。

 

しかし、ツメリッチリペアは比較的成分の浸透が早いので

 

そこまでストレスに感じることはないです。

 

使用するタイミングは就寝前がオススメで、

 

爪に塗ってリラックスしているうちに乾きます。

 

 

1日で改善されるわけではない

 

どんなケア用品でもいえることですが、

 

使用して1日で、すぐに改善される!というのはなかなか難しいです。

 

お肌と一緒で、毎日継続して保湿してあげることで徐々に実感できるものです。

 

 

 

まとめ:ツメリッチリペアは付けるタイミングに気を付ければOK

 

 

ということで、どんなネイルケア用品にも言える事ですが、

 

ネイルケアをする際は、手を洗った後や、水仕事が終わった後就寝前

 

などに使用することで、水で流れ落ちる心配がないので効果を最大限に生かすことが出来ます。

 

タイミングに気を付けて、継続的に使用することで 効率よく改善を実感することができますよ(*^^*)

 

 

 

 

美爪ケアできる【ツメリッチリペア公式サイト】はこちら

 




 

 

page top